HOME » 狭小地に家を建てるなら知っておきたい3つのこと » 耐震性・耐久性に優れた工法

耐震性・耐久性に優れた工法

3階建ての家は、その構造上とくに耐震性が必要。耐震性能と耐久性を兼ね備えた工法として近年注目を集めているサンファースト工法についても解説しています。

地震への強さが3階建て住宅には最も必要条件

狭小地に建てる3階建て住宅は、そのほとんどが縦に細長い建物になることでしょう。結果として平屋建てや2階建てと同じような作り方では、必然的に地震に弱い住宅になってしまいます。

ですから3階建て住宅を建てる場合は、それ相応の耐震性能がある家にしなければなりません。すべてが鉄筋コンクリート造(RC造)で造ればなんの問題もないのですが、一般住宅の場合は、木造が主流でしょう。またどうしても我が家は木造で建てたいというこだわりのある方も多いと思います。

木造の在来工法で3階建てを建てる場合は、基礎工事と筋交い(耐震壁)をしっかりとすること。安定性のあるベタ基礎の上にしっかたりとした柱を組んで、筋交いの入った壁にすれば木造軸組工法でも3階建ては建てられます。

壁は多く、しっかりと。特に1階部分の部屋を仕切る壁をバランス良く配置することが大切。こうすれば1階の壁が2階、3階をがっちりと支えてくれるのです。

高い耐震性と耐久性を両立したサンファースト工法とは

最近注目を集めている新しい建築方法として、サンファーストという工法が脚光を浴びています。サンファースト工法は木材の伸縮による建物のゆがみを最小限に抑え、高い耐震性と耐久性を発揮してくれます。

建物を強くするための様々な技術や特殊金物を柱と梁の接合部に用いたり、外周部には箱状の構造板、厚さ24mmの床構造用合板を用いるなどして耐震性と耐久性をアップ。いわば、在来工法と地震に強いツーバイフォーのいいとこ取りの建築工法です。

サンファースト工法を取り入れたハウスメーカーは、三栄建築設計を始めとしたハウスメーカーの一部で取り扱っています。3階建て住宅を建てようとお考えの方は、サンファースト工法を頭の片隅に留めておいてくださって決して損ではありませんよ。