HOME » 狭小地に家を建てるなら知っておきたい3つのこと » 狭さを逆手に取った工夫

狭さを逆手に取った工夫

都市部で家を建てる時にどうしても問題になるのが土地の広さでしょう。広い土地を持っている方ならいざ知らず、たいていの方は限られたスペースに家を建てることになるでしょう。そうなると家は平屋から2階建て、さらに3階建てと、上に居住スペースを伸ばしていくしかありません。

近年建築基準法の改正により、都市部でも道路斜線・隣地斜線・最高高さ・日影規制などの制限をクリアできれば比較的簡単に木造の3階建てを建築することが可能になりました。

都市部でこれからますます増えていく狭小地の3階建て住宅。では、その狭さを逆手にとって快適に暮していける家づくりのポイントを、プランや間取りといった点から探ってみましょう。

狭小住宅を快適にする間取りのプランポイント

3階建て住宅は、階段の上り下りをできる限り少なくなるようにゾーニングを設計するのがポイントになります。また縦に長い空間構成になるため、3階建てならではの有効空間利用することが、快適生活につながります。では個別に間取りやプランのポイントを検証していきましょう。

吹き抜け

伸び伸びとした開放感とゆったり感を与えてくれる吹き抜け。天窓や壁に大きな窓を付ければ採光面でもメリットがあります。また上部に換気口があれば、空気の流れも取り入れられます。ただ暖かい空気は上部へ行ってしまうので、吹き抜けで造る場合は、天井に換気扇を設置したり、床暖房などをとりいれましょう。

地下室

建築基準法の関係で上に伸ばせないなら地下室を造るという手もあります。たとえば音楽が趣味なら完全防音の部屋というのもありですね。家でピアノ教室を開いている方の住まいは、地下を教室にされている例もあります。地下室を造る場合は、湿気対策をお忘れなく。

ロフト

屋根裏部屋として3階建て住宅に用いられるロフト。小屋根裏(ロフト)の場合は居室にすることは出来ませんので、部屋の高さが1.4m以下で且つ、床面積が制限されます(緩和される地域で2F床面積の1/2まで)。
これをはずすと、3階建てということになります。木造の場合は構造上の規制がかかり、地震や風力に対する検討も必要となってきます。

屋上テラス

3階建てに屋上を設置すれば、眺望や日当りのよいテラスになります。上の階をセットバックさせる方法もあり、居間の前に屋上庭園などを設置したり、物干などのサービス空間にすることも可能です。